大阪 北摂・豊中で疲れない体の使い方と脱力できる体を作る。漢方と女性ホルモンを活性化する知恵と黄土よもぎ蒸し・ストレッチ・アロマリンパマッサージ・小顔でボディメンテナンス。冷え性・生理痛・生理不順・ダイエットなど体質改善したい女性のためのデトックスサロン「プランタン」
大阪府豊中市曽根東町5-7-13
  1. 梅雨の時期はむくみ対策強化!
 

梅雨の時期はむくみ対策強化!

  • 夕方になると脚がパンパン
  • 朝起きたら顔が腫れている⁉
  • 天気の悪い日は調子が悪い
  • 体が重だるい
こんな症状ありませんか?
他にも 冷え・めまい・頭痛・アトピー・鼻炎・喘息・疲労感・頭重感などは水毒という状態による症状

梅雨の時期は特に症状が悪化します。むくみを感じている人は特にむくみ対策強化が必要です‼

体の中の余分な水分が停滞

中医学では「気・血・水(き・けつ・すい)」が体内をめぐることによって、体が正常に機能すると考えます。
水は体液で、この水が余分な水分として体に溜まっていることを「水毒」といいます。

特に代謝が悪かったり、冷え症の人は水毒になりやすい体質といわれますが、水分のとりすぎや脂っぽいものや甘いものの食べ過ぎも原因となります。


梅雨の時期は要注意

  • 日本人はむくみやすい!!
日本は海に囲まれているため、特に雨が多い湿気の季節(梅雨の時期)は、大気の湿気が飽和状態にあると体内にも湿気がたまりやすくなります。

(海外で湿気の少ない国へ行くと調子がいいという話はよく聞きますね。)

それならば!大気の湿気が飽和状態になる梅雨の時期はとくに湿気をとる対策が必要です。

梅雨の時期を、スッキリ過ごすためのポイント
  • 体を冷やさない

冷たい物の食べ物や飲み物はNG!
暑くなってくると冷たいものが欲しくなりますが、それらは体を冷やして水分が溜まり、水毒を引き起こす要因になります。

 

冷房にも気を付けて

そろそろ冷房が使われ始めていますが、特に、素足で冷房の風を浴びると、一気に体が冷えてしまうので注意が必要です。


  • 余分な水分を排出しよう

汗をかいて水分を排泄!
運動や入浴などで汗をかいて、余分なすいぶんをどんどん出しましょう。


余分な水分をとる食材をとりましょう

かぼちゃ・すいか・冬瓜・きゅうり・黒豆・大豆・

小豆・白身魚・はと麦・あさり

これらを使うときは香辛料や薬味を温かい飲み物や調理法でとると、体を冷やさないのでいいですよ

 

これらの余分な水分を排出する食材を、気の流れを活発にする食材と温める食材も積極的に取り入れてみてください


気を巡らせる…たまねぎ・セロリ・ピーマン・らっきょう・しそ・ニンニクの芽・陳皮

 

熱を生み出す…ニラ・ねぎ・羊肉・こしょう・しょうが・ニンニク・紅茶・クローブ・花椒

 


除湿をして体の湿気をとりましょう!

汗をかくと体の余分湿気をとり、気を巡らせてくれます。

そこでおすすめなのがやっぱり「黄土よもぎ蒸し」

 

「黄土よもぎ蒸し」は、内臓から温まり、内臓の血流量がUPし、デトックスに関係ある

肝臓や腎臓の働きも良くしてくれ、冷房による冷えに負けない体をつくります。

 

普段かく汗と違い皮脂腺からでる汗で、体内に蓄積された有害物質や老廃物が混ざって出てきます。
余分な水分、有害物質や老廃物を出しながら気を巡らせます。

黄土で作られたツボと椅子から放出される遠赤外線効果でじんわり芯から温まり、さらに酸性体質がアルカリ性体質に変わり、自己免疫力をアップさせてくれると言われています!!

5月31日までキャンペーン実施中‼
 

黄土よもぎ蒸しで、梅雨時期のむくみ対策を♪
黄土よもぎ蒸し 春のキャンペーン!
ご予約は「最新ご予約状況」をご確認の上、ご希望の日時からご予約ください。
最新ご予約状況
ご不明な点やご質問はこちらで受け付けております。
お問い合わせ

プランタン

電話番号 06-6862-6838

所在地    大阪府豊中市曽根東町5-7-13

受付時間 10:00〜19:00(最終受付)


サロン情報・アクセスはこちら